男の人

エアコン工事は専門の施工業者にお任せ|設置時の注意点

室内機と室外機の取り付け

レディ

エアコンの移設・引っ越し工事を行なう際には、専門の施工業者に工事を依頼することをお勧めします。専門の施工業者であれば、迅速且つ丁寧にエアコン工事を進めていってくれるでしょう。ここでは、専門の施工業者が行なうエアコン工事の内容について説明していきます。専門の施工業者がエアコン工事を進めていく時には、最初に室内機の取り付けから開始します。優良な業者であれば、室内機の取り付けを行なう際に壁・床・畳等が工事作業によって傷ついたり汚れたりしないよう養生マットを敷くなどの対策をとってくれるはずです。室内機の取り付け時には、依頼主も同伴することをお勧めします。そうすることで、より理想的な設置位置を指定することができるでしょう。

室内機の取り付けが終わった後には、室外機の取り付けに移ります。エアコン工事では、室外機と室内機を配管・ドレンホース・電線等で繋げる必要があり、それらはコーテープで巻いて纏めます。ただ、コーテープで巻いて纏めてしまう前に、ドレンホースだけは断熱材を巻かなければなりません。断熱材を巻かなければ、ドレンホースに霜がついてしまう可能性があるのです。それは、エアコンが故障してしまう原因になります。エアコン工事を専門とする施工業者であれば、そういった作業まで丁寧に行なってくれるはずです。室に木と室外機を繋いだ後には、真空引き抜き施工が行なわれます。真空引き抜き施工というのは、真空ポンプで配管内に混入している空気・水分を抜く作業のことです。配管内は本来、特殊なガスで満たされています。そのため、空気や水分が混入していると、それがエアコンの効きを悪くしてしまうことがあるのです。業者によって、この作業を工事の一環として行なってくれるところもあれば、オプションとして追加しなければならない業者も存在します。オプションとして追加しなければならないのであれば、必要に応じて追加することをお勧めします。ここまでの作業が終われば、エアコン工事は終了です。最後に、施工を行なったスタッフがエアコンの動作確認及び工事後の掃除を行なって、料金の支払いを行ないます。